Now Loading...

冤罪脱出ADV&弾幕STG「冤罪執⾏遊戯ユルキル」、舞台化決定! 2022年4⽉23⽇〜5⽉1⽇に東京で全14公演を予定。

舞台化のタイトルは「冤罪執⾏遊戯ユルキルTHE STAGE」で、公式略称は「ユルステ」!キャスト、キービジュアル、公演の詳細については、順次公開予定!

株式会社イザナギゲームズ(東京都江東区、プロデューサー兼CEO:梅⽥慎介)は、賭ケグルイの河本ほむら・武野光が原作とシナリオを、シューティングパートの開発をグレフが担当する、冤罪脱出ADV&弾幕STG「冤罪執⾏遊戯ユルキル」の舞台化を発表いたしました。 

舞台化のタイトルは「冤罪執⾏遊戯ユルキルTHE STAGE」で、公式略称は「ユルステ」です。キャスト、キービジュアル、公演の詳細については、ユルステ舞台公式Twitterで順次公開予定。

◆「冤罪執⾏遊戯ユルキルTHE STAGE」について 

原作:河本ほむら(賭ケグルイ)・武野光 

演出・脚本:⼭⽥英真 

公演⽇程:2022年4⽉23⽇〜5⽉1⽇ 

公演場所:ニッショーホール(東京都港区:http://nissho-hall.jp/) 

・「冤罪執⾏遊戯ユルキルTHE STAGE」公式Twitterアカウント( @yurusuteinfo ) 

https://twitter.com/yurusuteinfo

◇⼭⽥英真プロフィール 

俳優として多数の舞台に出演。『サイコメトラーEIJI』『天元突破グレンラガン~炎撃編~其の弐、其の参』『キャプテンハーロック~次元航海~』などの演出助⼿を経て、『SANZII』『オバケストラ』堀川りょう主演『命の在り処』『MIRRORION(ミラリオン)』など、エンターテイメント性の強い作品を演出している。

◇アメツチについて 

2019年、プロデューサーの安藤匠郎と主宰・演出・脚本の⼭⽥英真により結成された演劇プロジェクト。 映像演出からストレートまで、表現⽅法に拘らず物語を演出する上での最適解を模索する、マルチモーダルエンターテイメントを掲げている。

アメツチ公式Twitterアカウント( @ametsuchi_stage )

https://twitter.com/ametsuchi_stage

アメツチ公式Instagram( @amatsuchi_stage ) 

https://www.instagram.com/amatsuchi_stage/

​​

◆冤罪執⾏遊戯ユルキルについて 

河本ほむら(賭ケグルイの原作者)原作、弟の武野光がシナリオ、清原紘(蒼き⾰命のヴァルキュリアキャラクターデザイン)キャラクターデザインによる冤罪脱出ADV&弾幕STGゲーム。BGMはモンスターハンターシリーズの作曲家⼩⾒⼭優⼦が担当。シューティングパート開発はシューティングゲームの⽼舗グレフ。 

​・冤罪執⾏遊戯ユルキルティザームービーURL

https://youtu.be/2s_5_cbkqw8

・冤罪執⾏遊戯ユルキル公式Twitterアカウント 

 https://twitter.com/yurukill

・冤罪執⾏遊戯ユルキル公式サイト 

 https://yurukill.com/

・「冤罪執⾏遊戯ユルキル」公式サイト購⼊ストア⼀覧​

https://yurukill.com/store/

早期購⼊特典のドラマCDに加えて、Amazon.co.jp、ソフマップ、楽天ブックス、ステラワース、あみあみ、ゲーマーズ 、ワンダーグーの各ストアでは、それぞれオリジナルの店舗特典もつきます。 

※早期購⼊特典及び店舗特典は、数に限りがございますので予めご了承ください。

◆河本ほむら(かわもとほむら)プロフィール 

2014年にガンガンJOKERにて「賭ケグルイ」でデビュー。スピンオフ含め同作はシリーズ累計620万部を突破し、アニメ、 映画、ゲームなど多数メディア展開。 

「魔⼥⼤戦〜32⼈の異才の魔⼥は殺し合う〜」「グレイテストM(共同 武野光)」など原作原案を多数担当。司法試験合格の経歴をもつ。

◆武野光(むのひかる)プロフィール 

河本ほむらの弟。2012年に就活本「凡⼈内定戦略」でデビュー。漫画原作、⼩説、実⽤書、ボードゲームなど著作多数。賭ケグルイシリーズでは「⼩説賭ケグルイ悦」「⼩説賭ケグルイ戯」を執筆。 

その他、「ビルディバイド」「HIGH CARD」(いずれも共同河本ほむら)「へんなかんじ」などを⼿掛けている。 

◆清原紘(きよはらひろ)プロフィール

漫画家・イラストレーター。代表作は漫画版『Another』など。

『万能鑑定士Q』、『探偵の探偵』シリーズなど多数の小説装画を手掛ける。

PS4『蒼き革命のヴァルキュリア』ではキャラデザを担当。現在は月刊アフタヌーンにて『十角館の殺人』連載中。

◆作品概要 

[タイトル]冤罪執⾏遊戯ユルキル 

[原作・シナリオ]河本ほむら(賭ケグルイ)・武野光 

[プロデュース&ディレクション]梅⽥慎介(デスカムトゥルー) 

[キャラクターデザイン]清原紘(蒼き⾰命のヴァルキュリア) 

[BGM]⼩⾒⼭優⼦(モンスターハンターシリーズ) 

[ジャンル] 冤罪脱出ADV&弾幕STG 

[シューティングパート開発]グレフ(まもるクンは呪われてしまった!) 

[PS4®、PS5®、Nintendo Switch™の発売予定⽇] 2022年4⽉14⽇(日本版)

[パブリッシャー]イザナギゲームズ 

[対応予定プラットフォーム]PS4®、PS5®、Nintendo Switch™、Steam® 

  [予定販売価格]7,678円(本体価格6,980円)

[著作権表記](c)IzanagiGames, Inc. All Rights Reserved.

◆イザナギゲームズについて 

イザナギゲームズは、⽇本のクリエイターとともに作ったゲームを世界のマーケットにダイレクトにアピールしていくことを理念に掲げる、コンシューマーゲームを中心とするインタラクティブエンターテインメントプロデュース会社。東京都江東区に本社を置く。資⾦調達の幅を広げることにより、優れたクリエイターが新しいIP・ゲームを創り出すチャンスを増やし、全世界を販売マーケットとして⼤きくアプローチすることで、数多くのユーザーにゲームエンターテインメント体験を届けることを⽬指している。『Death Come True』 や 『ワールズエンドクラブ【World’s End Club】』などの作品を様々なプラットフォームで世界に向けてリリースしている。

・イザナギゲームズ公式サイト 

https://izanagigames.co.jp/

・イザナギゲームズ公式Twitterアカウント( @izanagigames ) 

https://twitter.com/izanagigames

・イザナギゲームズ公式YouTubeチャンネル 

https://www.youtube.com/c/IzanagiGamesChannel

・イザナギゲームズ公式オンラインショッピングサイト「イザナギZストア」 

https://izanagi.official.ec/

・「PlayStation」、「PS4」および「PS5」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

の登録商標です 。 

・Steamは、Valve Corporationの商標です。 

・Nintendo Switchは任天堂の商標です。