日本初の本格実写ムービーゲーム! Japan’s First Authentic FMV Game!

日本初の本格実写ムービーゲーム!本郷奏多主演【Death Come True】(デスカムトゥルー)原作はダンガンロ ンパシリーズの小高和剛

Japan’s first authentic FMV game! Introducing Death Come True, starring Kanata Hongo! A new original project from Kazutaka Kodaka, creator of the Danganronpa series.

【Death Come True】(デスカムトゥルー)の出演者がまず一人明かされた。主人公のカラキマコト役を演じるのは本郷奏多!

The first actor of Death Come True’s cast has been revealed. Kanata Hongo will be starring as the game’s main character, Makoto Karaki.

 

 

株式会社イザナギゲームズ東京都中央区 プロデューサー兼CEO 梅田慎介)は、ダンガンロンパシリーズの小高和剛シナリオ&ディレクションの新作実写ムービーゲーム【Death Come True】(デスカムトゥルー)を制作をさせていただく運びになりました。本作品は日本初となる映画とゲームを融合させた「インタラクティブコンテンツ」で、具体的には、プレイヤーの選択によってストーリーが展開し、それに伴い、複数のエンディングが存在するという新感覚作品となります。俳優本郷奏多が主人公【カラキマコト】を演じさせていただきます。

IzanagiGames Inc. (located in Tokyo, Japan and led by CEO Shinsuke Umeda) is producing a new live-action movie game [Death Come True]. The game is written and directed by Kazutaka Kodaka, creator of the Danganronpa series. This project combines movie and game elements, making it Japan’s first “interactive content.” The game’s story will unfold according to decisions made by the player which then can result in multiple different endings, making it an exciting new work. Actor Kanata Hongo will be starring as the game’s main character, Makoto Karaki.

 

◆作品あらすじ 

舞台は、とあるホテル。主人公、カラキマコト(本郷奏多)は連続殺人事件の犯人として指名手配されている。しかし男には一切の記憶がない。そんな状況の中、男には死ぬと「タイムリープ」して過去に戻る不思議な能力がある。犯人として、追われながら、男は誰を信じて、誰を疑う?そして、自分自身の本当の正体とは?選択と死を繰り返しながら、男は真実を目指す。

◆Project Overview

The story takes place in a hotel. The main character, Makoto Karaki (Kanata Hongo) is a wanted serial killer. However, he has lost all of his memories. Under such circumstances, when he dies, he has a mysterious ability to “time leap” and return to the past. As he’s being chased like a criminal, who can he trust? Who should he be wary of? What is his true identity? The man searches to find the truth as he repeats decisions and death.

 

◆キャラクター紹介

【カラキマコト】
ホテルで目覚めると記憶を失っていた。 自分が何者か、なぜホテルにいるのかも覚えていない。 テレビのニュースで、 自分が連続殺人犯として指名手配されていることを知る。 死ぬと、なぜか最初に目覚めた瞬間まで時間が巻き戻る。

 

◆Character Introduction

[Makoto Karaki]
He wakes up to find himself in a hotel with no recollection of his memories. He can’t even remember who he is or why he is in the hotel. Seeing the news of TV, he discovers that he is a wanted serial killer. When he dies, he somehow finds himself right back at the moment he woke up.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本郷奏多コメント
プレイヤーの選択によってストーリーが変わっていくアドベンチャーゲーム。それを実写で制作するというのは新しい試みだと思います。 脚本も、ゲームならではの仕掛けが用意されていたりして完成度が非常に高いです。 実写で制作した意味をわかってもらえるよう、CGではまだ表現できない芝居をしたつもりです。楽しみにしていてください。

Comments from Kanata Hongo
This is an adventure game with a story that changes according to decisions made by the player. I think it is a new endeavor to produce this all in live-action. The thoroughness of the script is also very good, complete with unique features that can only be found in this game. I wanted to perform acting that couldn’t be expressed well in CG so that players could understand why live-action film was chosen for this project. Please look forward to my acting and this game.

 

◆作品概要
タイトル/【Death Come True】(デスカムトゥルー)
リリース予定/2020年
シナリオ・ディレクション/小高和剛
プロデューサー/梅田慎介
製作/イザナギゲームズ

◆Product Summary
Title – Death Come True
Scheduled release – 2020
Scenario writer/director – Kazutaka Kodaka
Producer – Shinsuke Umeda
Production – IzanagiGames

 

小高和剛コメント
「ゲームでも映画でもない新しいエンタメ作品を」
そんな志の元、本企画はスタートしました。
もともと映画業界を目指していた僕が、まさかこのタイミングで実写作品をやる事になるとは誰が想像したでしょうか?
むしろ誰が興味あるでしょうか? いいえ誰も興味ありません。
たぶん全世界で35本くらいしか売れません。(すべて僕の親族) それでも、僕はどうしてもこの作品を作りたいという事で、映像制作に⻑けたスタッフ、そして素晴らしいキャストを収集して貰いました。
ダンガンロンパシリーズで一緒に仕事をした本郷奏多くんも、この作品に参加してくれる事になりました。
そして、僕は執筆活動に入りました。
そこからとり憑かれたように書きました。
ていうか、実際にとり憑かれました、霊に。
数ヶ月後、気付いたら僕はまったく知らない片田舎で、まったくの別人として家族を持ち、定食屋の店⻑として働いていました。
おそらく、その霊が僕の体を借りていたのでしょう。
しばらく家族と過ごした事で成仏したのか、僕はやっと解放されたのです。
しかし、それはなんと撮影開始予定日の前日でした。

Comments from Kazutaka Kodaka
“I wanted to create a new entertainment project that is not a game, and not a movie.”
That was the motivation behind starting the planning for this project.
I had been aiming for the movie industry before, so who would have thought that I would be doing a live-action work at this time?
Maybe someone would be interested in this? No, no one would be interested at all.
Probably only 35 copies would be purchased (which would be all my relatives).
But even so, because I was determined to create this project, a filmmaking crew and an amazing cast were gathered.
Kanata Hongo, who I had previously worked together with for the Danganronpa series, also joined this project.
And then I started actively writing the script.
I wrote as if I was possessed by it.
I actually was possessed by it. A few months later, I found myself somewhere in the countryside that I didn’t recognize at all as a completely different person with a family, working as a head of a restaurant.
Probably, that spirit borrowed my body.
I was finally liberated after spending time with my family, and the spirit was put to rest.
However, that was just the day before filming was scheduled to start.

結局何も書けなかった僕は、白紙の原稿用紙を全スタッフの元に持参しました。
すると、スタッフやキャスト一同は、何も書かれていない原稿を見ながら「面白いですねー!最高ですねー!」と言ってくださいました。
みんなは急に失踪した僕がどうかしてしまったと思ったらしく、下手に刺激しないようにと、その場を濁してくれたよう です。
結果、僕は病院に入れられ、撮影はシナリオがないまま行われました。
そうなのです。この作品はすべてアドリブで撮影されたのです。
ですが、主演の本郷奏多くんをはじめとするキャストの皆さんは、シナリオが存在しないとは思えない素晴らしい芝居をしてくれました。
撮影はすでに完了しているのですが、本当に面白い作品になりそうなので、みなさん期待して待っていてください。
僕もリハビリ頑張ります!

So in the end, I couldn’t write anything and I brought a blank manuscript to the project’s entire staff.
Looking at the manuscript with nothing written on it, the staff and cast said, “This is interesting! Amazing!”
Everyone seemed to think that I had suddenly lost myself and to smooth over the situation, they tried to not provoke me.
As a result, I was admitted to the hospital and the filming was done without a script.
That’s right. This entire thing was filmed spontaneously.
However, the cast, starting with Kanata Hongo, all performed unbelievably, with wonderful acting even though there was no script.
The filming has already been completed, and it seems that it will be really interesting, so please look forward to it.
I will be doing my best to rehabilitate!

 

◆デスカムトゥルー(Death Come True)について 

本作最大の特徴は、映画とゲームを融合させた「インタラクティブコンテンツ」であることです。具体的には、プレイヤ ーの選択によってストーリーが展開し、それに伴い、複数のエンディングが存在します。主演を本郷奏多、シナリオ&ゲ ームディレクターをダンガンロンパシリーズの小高和剛、プロデューサーをイザナギゲームズ代表の梅田慎介が務める新 たな実写ムービーゲームです。公式Twitterアカウントでも随時情報が更新されて行きます。

◆About Death Come True

The most unique thing about this project is that it’s “interactive content” that combines movie and game elements. The game’s story will unfold according to decisions made by the player which then can result in multiple different endings, making it an exciting new work. The lead actor is Kanata Hongo, writing and game direction is by Kazutaka Kodaka, and the producer is IzanagiGames’ CEO, Shinsuke Umeda. Information will also continue to be updated on the official Twitter account.

・Death Come True(デスカムトゥルー) 公式Twitterアカウント 

    Official Twitter account:

    https://twitter.com/DeathComeTrue

◆デスカムトゥルー(Death Come True)公式Webサイト

   Official website:

   https://deathcometrue.com

 

サイトにはシルエットで出演者が表示されており、一定時間ごとに出演者が一人ずつ明かされます。 次は2019年12月13日金曜日17:00に新たなキャストが明かされます。

The website currently shows silhouettes of the actors, which will be revealed one by one at set periods of time. The next cast reveal will be at 5 pm on December 13, 2019.

 

◆キャストプロフィール
本郷奏多(ホンゴウ・カナタ)
1990年11月15日生まれ。宮城県出身。
主な出演作に映画『GANTZ』『進撃の巨人』『鋼の錬金術師』『いぬやしき』、ドラマ「アカギ」「リピート〜運命を変える10か月〜」などがある。本年は又吉直樹原作の主演映画『凜-りん-』の他、大ヒット映画『キングダム』や『Diner ダイナー』等に出演したほか、10月期連続ドラマ「あおざくら 防衛大学校物語」にて主演を務めた。

◆Cast Profile
Kanata Hongo
Born on November 15, 1990 in Miyagi Prefecture, Japan.
Kanata played lead roles in the movies Gantz, Attack on Titan, Fullmetal Alchemist, Inuyashiki, as well as the dramas Akagi and Repeat: 10 Months to Change Fate. In addition to starring Naoki Matayoshi’s original movie RIN this year, he also appeared in the hit movies “Kingdom” and “Diner”, and starred in October drama Aozakura: The Story of National Defense Academy.

 

◆小高和剛(コダカ・カズタカ)プロフィール
ディレクター、シナリオライター。
トゥーキョーゲームス代表。
ダンガンロンパシリーズすべての企画、シナリオを手がける。シリーズ作品はそれぞれ舞台化(本郷奏多主演)、アニメ化 され、国内外から高い評価を得る。
その後、打越鋼太郎、小松崎類、高田雅史らと共にトゥーキョーゲームスを設立。 漫画、アニメ原作、小説執筆など精力的に活動を行う。

◆Kazutaka Kodaka’s Profile
Director, scenario writer
CEO of Tookyo Games
Handled all planning and writing for the Danganronpa series. The series also had live drama (with Kanata Hondo as the lead actor) and anime adaptions to critical acclaim, both domestically and internationally.
He then founded Tookyo games together with Kotaro Uchikoshi, Zakirui Komatsu, and Masafumi Takada. He is now actively working on manga, anime production, novel writing, and more.

 

◆イザナギゲームズについて
イザナギゲームズは、日本のクリエイターとともに作ったゲームを世界のマーケットにダイレクトにアピールしていく東京都中央区に本社を置くコンシューマーゲームの会社です。資金調達の幅を広げることにより、優れたクリエイターの方々が新しいIP・ゲームを創り出すチャンスを増やし、全世界を販売マーケットとして大きくアプローチすることで、数多くのユーザーにゲームエンターテインメント体験をお届けすることを目指して行きます。

◆About IzanagiGames
Izanagi Games is headquartered in Chuo-ku, Tokyo and is focused on directly accessing the global games market with titles made by Japanese creators. By expanding the company’s range of fund procurement, IzanagiGames aims to provide opportunities for exceptional creators to make new IPs and games which are then delivered as entertainment experiences to the gaming masses.

 

・イザナギゲームズ公式サイト

     IzanagiGames Official Site:

     https://izanagigames.co.jp/

・イザナギゲームズ公式Twitter 

     IzanagiGames Official Twitter:

     https://twitter.com/izanagigames

 

イザナギゲームズのプレスリリース一覧 

 View more press releases from IzanagiGames  :

 https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/40198

 

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】

株式会社イザナギゲームズ 広報担当:杉山 千栄子

メールアドレス Email: info(アット)izanagigames.co.jp

*お問い合わせの際は、お手数ですが(アット)を@に変更してご連絡ください。

For any further inquiries, please contact:

IzanagiGames Public Relations: Chieko Sugiyama

Email: info[at]izanagigames.co.jp

Please kindly change [at] to @ when you contact us.