週刊ファミ通にデスマーチクラブが掲載されました。Death March Club article to be published in Weekly Famitsu.

2018/10/18号の週刊ファミ通にデスマーチクラブが掲載されました。

An article about Death March Club to be published in the October 18, 2018 issue of Weekly Famitsu.

 

デスマーチクラブの情報やクリエーターとのインタビューコンテンツなどが掲載されております。インタビューには、トゥーキョーゲームスの小高和剛(代表作:ダンガンロンパシリーズ)と打越鋼太郎(代表作:ゼロエスケープシリーズ)、二木幸生(代表作:パンツァードラグーンシリーズ)とイザナギゲームズのCEO及びデスマーチクラブのプロデューサー梅田慎介のコメントが含まれています。
The article will introduce details about Death March Club along with an in-depth interview with the creators. The interview contains comments from Too Kyo Games’ Kazutaka Kodaka (Danganronpa series) and Kotaro Uchikoshi (Zero Escape series), Yukio Futatsugi (Panzer Dragoon series), as well as Izanagi Games CEO and producer of Death March Club, Shinsuke Umeda.

 

以下は記事の内容を要約したものです。
Below is a quick summary of some of the article’s key points.

 

小高氏と打越氏が手掛ける “最後のデスゲーム”!?

The last death game from Kodaka and Uchikoshi-san!?

 

「小高と組むなら、ファンの方もデスゲームを求めているでしょうし、 僕自身、もう一度デスゲームを作りたかったんです。」しかし、小高氏によると、デスマーチクラブは彼らが最後のデスゲームになるそうです。「本作は僕らが手掛ける最後のデスゲームになる予定です。」今回の作品では、小高氏はデスゲームジャンルに特別な要素が含まれていると言いました。「ただ、デスゲームと聞いてイメージするものとは、ちょっと違う作品になっている と思います。全体的にふつうのデスゲームで はないので、ぜひご期待ください」

Uchikoshi commented, “If I collaborate with Kodaka, fans would be expecting a death game. I also wanted to make a death game one more time.” However, according to Kodaka Death March Club would be the last death game they make. “We anticipate that this project will be the last death game from us.” Kodaka went on to say that the game will also bring something different to the “death game” genre. “I think this project will be something a little different than what you imagine upon hearing that it’s a ‘death game’. Overall, it’s not your average death game, so please look forward to it!”

 

イザナギゲー ムズは、どのような会社なのですか?

What kind of company is Izanagi Games?

 

日本のクリエイターの作った作品を海外にダイレクトにアプローチするゲームプロデュース会社です。
Izanagi Games is a company focused on producing games by Japanese creators and bringing the games directly to the overseas markets. 

 

3つの会社がひとつになって 新たなゲーム作りに挑戦!

Three companies coming together as one to meet the challenge of making a new game!

 

開発の役割分担としては、Too Kyo Gamesがクリエイティブ及びシナリオ作成を仕切り、グランディングはグラフィックとプログラミング、イザナギゲームズがプロデュースを担当しています。
In the development of Death March Club, Too Kyo Games is responsible for the creative and scenario writing aspects, Grounding Inc. is providing technical work with graphics and programming, and Izanagi Games is producing the game.

 

デスマーチクラブに関するニュースや更新情報をチェックしてください。
In the meantime, be sure to keep an eye out for more news and updates regarding Death March Club!

・デスマーチクラブ公式サイト

https://www.deathmarchclub.com/

・DMCL official website:

https://www.deathmarchclub.com/

 

・デスマーチクラブ公式ツイッター

https://twitter.com/d_m_club

・DMCL Official Twitter:

https://twitter.com/d_m_club